FC2ブログ

サイバーマリオネット



短い話も長い話も、いろいろ書いていく小説ブログです。 他にもマインクラフトやったり絵を描いたり。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステラナイツ「全て願いのために」 第一章(途中)

TRPG

2018.12.19のステラナイツログです。
全ペア終わってないのでまたあとで足します。








星影(監督):よーし準備できたので開始しましょう
星影(監督):告知ポエムいきます
ななしのひよこ:へーい
エルミル@つばき:わくわく
星影(監督):なんか各自ええ感じの曲でもきいといてください


異端の騎士が現れる。
心と願いを閉じ込めた、星喰の騎士が現れる。
此度の決闘、願いの決闘場に咲き乱れるは、黄のオダマキ、赤のバラ。
そして舞台の中央に咲くは一輪の歪な赤のアネモネ。

『銀剣のステラナイツ』

決意あるならば、剣を取れ。
全てその願いのために。


星影(監督):以上!
星影(監督):今回のセッションタイトルは「全て願いのために」です
エルミル@つばき:BGMさがしてたら告知が終わってた
ななしのひよこ:わらう
星影(監督):わろた
星影(監督):では第壱幕です
エルミル@つばき:ういうい
エルミル@つばき:さて、誰からかな
星影(監督):メサイア組からだよ!
エルミル@つばき:wwwww
エルミル@つばき:えっと、まずキャラ紹介からかな?
エルミル@つばき:先ダイス?
星影(監督):キャラ紹介からっすね
エルミル@つばき:ういうい


メサイア&マナ・アージェティア


エルミル@つばき:じゃあブリンガーからかで私からかな
エルミル@つばき:https://character-sheets.appspot.com/stellar/edit.html?key=ahVzfmNoYXJhY3Rlci1zaGVldHMtbXByFwsSDUNoYXJhY3RlckRhdGEYh7H4tgEM
エルミル@つばき:えーとりあえずキャラシ
エルミル@つばき:紹介いっていいかな?
星影(監督):どぞ
エルミル@つばき:うい
エルミル@つばき:えー名前はメサイア 外見年齢24歳くらいの半機械人間?です
エルミル@つばき:正式名称はNo.717(ナンバーセブンハンドレットセブンティーン)messiah(メサイア)です
エルミル@つばき:元は蒸気機関が発達した世界の出身で、そこで戦争に巻き込まれて重傷をおって身体のほとんどを機械化された、という設定です
エルミル@つばき:機械化されてたからは年をとらなくなった?ぽいので実年齢はたぶん結構いってます
エルミル@つばき:詳しくはキャラシにかいてるので参考で
オサコ:💐メサイアにブーケを1束渡しました💐(ブーケ:0->1)
エルミル@つばき:これどこまでしゃべったらいいかな
エルミル@つばき:シースとの関係とかいるかな
ななしのひよこ:さわりくらいでええんやなかろうか
ななしのひよこ:あ、それはいるかも
星影(監督):君らペア成り立ちがややこしいからな
ひよこ:私の設定から話した方がいいかなキャラシに書けてないし
エルミル@つばき:せやね
エルミル@つばき:えと、元いた世界が滅んでアーセルトレイへと流れついて、聖アージェティア学園で拾われて教員助手?みたいなことをやってたんですが
エルミル@つばき:そこであるとき、学園の研究室で機械に管に繫がれた一人の少女と出会う。
エルミル@つばき:それがパートナーになるシースの彼女だった、そんなかんじです
オサコ:💐メサイアにブーケを2束渡しました💐(ブーケ:1->3)
エルミル@つばき:パートナーの少女を拾ってからは、彼女と学園の寮?かなんかで二人暮らししてます。
星影(監督):それだけ聞くと同棲やな 犯罪では
エルミル@つばき:口が悪いですが、なんやかんやいいながら彼女の世話をやいています。
エルミル@つばき:ちゃ、ちゃんと学校からの指示だから!w
オサコ:💐メサイアにブーケを1束渡しました💐(ブーケ:3->4)
星影(監督):シースの年齢的に保護者が必要だから疑似親子状態だね
エルミル@つばき:そうそう
エルミル@つばき:以上、そんくらいかな?
エルミル@つばき:願いとか生い立ちとか詳しくはキャラシ参照で
エルミル@つばき:長くなった
ひよこ:私のキャラ言っていいかな?名前はマナ・アージェティア。ロアテラの進行に備えステラナイト成立の安定化と管理を目的に聖アージェティア学園研究部で秘密裏に研究されていた人体実験の唯一の成功例です
ひよこ:今は研究は行われておらず学園の保護観察対象でブリンガーのメサイアさんと一緒に暮らしています。年齢は10歳ですが遺伝子操作等々の影響でメサイアさんに会うまでの記憶があんまりなく(というか意識がそんなになく)管に繋がれた状態で半分眠ってる状態でした。マナって名前はメサイアさんに付けてもらってます
オサコ:💐メサイアにブーケを1束渡しました💐(ブーケ:4->5)
ひよこ:一応マナは人造人間的なあれではないから!寿命短くない顔イリヤだけど!
竹下:💐メサイアにブーケを3束渡しました💐(ブーケ:5->8)
ひよこ:んでその実験がなんか
ひよこ:シースとブリンガーを引き合せるみたいなやつで、結果的にメサイアさんを巻き込んでしまった形になってたような
エルミル@つばき:メサイアさんはその辺は特に気にしてはいないし逆に自分がマナちゃんを戦いに巻き込んでしまうのでは?と危惧している
ひよこ:でもマナちゃんは自分の人体実験にメサイアさんを巻き込んでしまったので何がなんでも勝たなきゃと思ってる
星影(監督):罪悪感ペア
オサコ:💐メサイアにブーケを3束渡しました💐(ブーケ:8->11)
エルミル@つばき:互いを思ってるようですれ違ってく感を目指していきます
星影(監督):すでにブーケが2桁こえてんぞ
竹下:💐メサイアにブーケを渡しました💐(ブーケ:11->12)
オサコ:お互いを思ってすれ違うのいいぞ
エルミル@つばき:キャラシだけでブーケやばいw
星影(監督):ではブリンガー側がダイスを決定してください
エルミル@つばき:はい
星影(監督):ハウスルールでお題回収1につきブーケ1です
エルミル@つばき:ういっす
星影(監督):まずどこいきます?
エルミル@つばき:では時間から
星影(監督):d6どうぞ
エルミル@つばき:ダイス合計:1 (1D6 = [1])
星影(監督):朝、誰もいない
エルミル@つばき:www
エルミル@つばき:お、寝起きやな!?
星影(監督):10歳の寝起きとかいろいろ大丈夫ですかね どうぞ 場所はd66です
エルミル@つばき:ダイス合計:3 (1D6 = [3])
エルミル@つばき:ダイス合計:5 (1D6 = [5])
星影(監督):遊歩道
エルミル@つばき:これであってるっけ
星影(監督):d66で出るよ
エルミル@つばき:登校中かな?
エルミル@つばき:じゃあ次話題振ります
星影(監督):話題表、お題表も同じくd66です
エルミル@つばき:d66
DiceBot : (D66) → 53
星影(監督):好きなタイプの話
エルミル@つばき:www
ひよこ:ちょwww
竹下:好きなタイプwww
星影(監督):父親と娘の会話が好きなタイプの話
オサコ:来たぞwww
エルミル@つばき:じゃあお題
エルミル@つばき:お題3回振ったらいいな?
星影(監督):💐メサイアにブーケを5束渡しました💐(ブーケ:12->17)
エルミル@つばき:d66
DiceBot : (D66) → 61
エルミル@つばき:d66
DiceBot : (D66) → 25
エルミル@つばき:d66
DiceBot : (D66) → 64
星影(監督):恋の話、だっこ、内緒話
エルミル@つばき:ぶww
星影(監督):そんなに娘の恋が気になるかむっつり機械人間
エルミル@つばき:女神なんなの!?
星影(監督):はーいじゃあお二人さんがんばってね
オサコ:女神が恋バナしたがってるwww



メサイア:マナちゃんをだっこして抱えながらメサイアさんが歩いてます
メサイア:「まったく、何もないところでずっこけるなんて、あなた本当にドジですね」

星影(監督):💐メサイアにブーケを1束渡しました💐(ブーケ:17->18)
竹下:💐メサイアにブーケを渡しました💐(ブーケ:18->19)
オサコ:💐メサイアにブーケを1束渡しました💐(ブーケ:19->20)

マナ・アージェティア :「ちょ、ちょっと引っかかっただけだもん!おーろーしーてー!」
メサイア:「何をどうやったらあんななにもないとこで引っかかるんですか!ああもう手当しますから暴れない!ほんっとうにじゃじゃ馬ですね!」

星影(監督):💐メサイアにブーケを渡しました💐(ブーケ:20->21)
竹下:💐メサイアにブーケを渡しました💐(ブーケ:21->22)

メサイア:どこからともなくばんそうこうを取り出して、マナちゃんを降ろして傷の手当てします

竹下:💐メサイアにブーケを渡しました💐(ブーケ:22->23)

メサイア:傷の手当て(ばんそうこう貼っただけ)
マナ・アージェティア:「メサイアさんは大袈裟なんだよ!このくらいなんでもないんだから」じたばた

オサコ:💐メサイアにブーケを渡しました💐(ブーケ:23->24)

メサイア:「そうやって考えるのが浅はかというんです! …全く、もう少し学習なさい、今日も起きてからずっとぼっーっとして」
メサイア:「また夜更かしでもしていたのですか? 身体に悪いからやめろと言ったでしょう」
マナ・アージェティア:「夜更かしなんてしてないもん!メサイアさんだってずっと起きてるくせに……」ほっぺぷくーってします

竹下:💐メサイアにブーケを渡しました💐(ブーケ:24->25)
星影(監督):💐メサイアにブーケを渡しました💐(ブーケ:25->26)
オサコ:💐メサイアにブーケを渡しました💐(ブーケ:26->27)

メサイア:「私は睡眠の必要がないからいいんですよ」ぷくーってしてるほっぺをむぎゅーってします
マナ・アージェティア:「ふむふむむむ!(むぎゅってされてるので喋れない)」

竹下:💐メサイアにブーケを渡しました💐(ブーケ:27->28)

マナ・アージェティア:でもなんか不服そうなかんじ
メサイア:じゃあ溜息ついて手をはなす

オサコ:💐メサイアにブーケを渡しました💐(ブーケ:28->29)

メサイア:「あなたね…私が起きてるとわかっているならね、もう少し隠したほうがいいですよ」
メサイア:「たまに聞こえてくるんですよ、夜にね。あなたの部屋からあなたの含み笑いが」
メサイア:「あなたは気付いてないと思ってたみたいですけど、丸聞こえなんですよ・・」
マナ・アージェティア:「ぴえっ メサイアさんなんでそんなこと……」
マナ・アージェティア:「あっ 知らない知らない!含み笑いなんてしてないもん!」

星影(監督):💐メサイアにブーケを3束渡しました💐(ブーケ:29->32)

メサイア:「たとえ聞こえていなくてもその反応でバレバレですね」
メサイア:「全く…本当に内緒話とか隠しごととか絶対できないタイプですね、あなたは」
メサイア:あきれたようにもうひとつため息

オサコ:💐メサイアにブーケを渡しました💐(ブーケ:32->33)
竹下:💐メサイアにブーケを渡しました💐(ブーケ:33->34)
星影(監督):💐メサイアにブーケを1束渡しました💐(ブーケ:34->35)

マナ・アージェティア:「むー……なんでわたしの隠し事だけバレちゃうの……」
マナ・アージェティア:「メサイアさん帰ってくるの遅いし、学校でも会えないし、わたしだけなんにも知らないのに……。メサイアさん、わたしになにか隠してることない!?す、好きな人とか……」

竹下:💐メサイアにブーケを渡しました💐(ブーケ:35->36)

メサイア:じゃあきょとんとして
メサイア:「…どうしたんですか、いきなり」
メサイア:えっとじゃあマナちゃんの方にしゃがみこんで くしゃってマナちゃんの髪の毛をなでる

星影(監督):💐メサイアにブーケを3束渡しました💐(ブーケ:36->39)
竹下:💐メサイアにブーケを渡しました💐(ブーケ:39->40)

メサイア:「あなたも、そういうことを言いだすようになったんですねえ」
メサイア:えっと、ちょっと真剣な声になります
メサイア:「あなたは初等部で私は大学の助手。科が違うので中々会う機会を設けれず申し訳ありません。帰りも、少し研究で遅くなってしまって
メサイア:もう少し、はやく帰れるようにします。心配をかけてしまいましたかね」
メサイア:なでこなでこ
メサイア:「心配しなくても、あなたの世話で手がいっぱいで、好きなひとなど作る暇もありませんよ。安心してください」
メサイア:「あなたでいっぱいいっぱいですから」

竹下:💐メサイアにブーケを渡しました💐(ブーケ:40->41)
星影(監督):💐メサイアにブーケを2束渡しました💐(ブーケ:41->43)

マナ・アージェティア:「……ほんとに?ほんとにほんとのほんと??」
マナ・アージェティア:「メサイアさんかっこいいから人気者だって学園のお姉さんがいってた……」
メサイア:「まあ…ほんとうのことを言うと、記憶を失う前はいたかもしれませんが、どのみちみんな死んでしまったので今はいませんよ」
メサイア:「彼女たちの感情は恋愛とは別のものですよ。そもそも、対象外です」
マナ・アージェティア:じゃあメサイアさんをじーっとみて
マナ・アージェティア:「メサイアさん、わたしちゃんと自分のことできるからね、朝だって前より起きれるようになったし……えと、その、だからメサイアさんもえんりょしないで、好きな人ができたら応援するから、だから……」わたわた
マナ・アージェティア:メサイアさんの重荷になりたくない感じ
メサイア:じゃあほっぺたむぎゅーってします
メサイア:「まったく、あなたは本当におばかさんですね」
メサイア:「そんなこと気にしなくていいんですよ」
メサイア:「心配せずとも、あなたに遠慮などしませんよ。」ていってほっぺたむぎゅむぎゅ
メサイア:「そう思うなら、まずは夜更かしの癖を直すこと。いいですね?」

竹下:💐メサイアにブーケを渡しました💐(ブーケ:43->44)

マナ・アージェティア:「はーい……約束だからね、メサイアさん」
マナ・アージェティア:「あっあと夜更かししてるのはひみつにして!先生に怒られちゃう……!」
メサイア:「はいはい、わかりましたよ ひとまずは内緒にしておきましょう」

竹下:💐メサイアにブーケを渡しました💐(ブーケ:44->45)
星影(監督):💐メサイアにブーケを2束渡しました💐(ブーケ:45->47)

メサイア:「でもずっと続くようなら、報告しますからね」ちょっといらずらっぽく笑う
マナ・アージェティア:「メサイアさんのいじわる……!」

星影(監督):💐メサイアにブーケを渡しました💐(ブーケ:47->48)

メサイア:「まあ、ばれないようにすればいいんですよ、ね?」
メサイア:えーじゃあそんなかんじで二人は通学路を歩いていった—ってかんじでフェードアウトしていくかんじかな


メサイア:濃厚な朝でござった…
星影(監督):はい、とりあえずお題達成かな
星影(監督):💐メサイアにブーケを3束渡しました💐(ブーケ:48->51)
星影(監督):途中で不時着するかと思った……
メサイア:ほんとによ…w
メサイア:どこで収集つけるかめっちゃ悩んだ
メサイア:みんなうまいことやるわ
竹下:💐メサイアにブーケを渡しました💐(ブーケ:51->52)
マナ・アージェティア:それな
メサイア:たのしかった
竹下:幼女のほっぺは魅力的
メサイア:それな


千島哉人&桐ヶ崎蘇芳


桐ヶ崎蘇芳:では時間もおしてるし次行きますね
メサイア:ういっす
桐ヶ崎蘇芳:先輩からキャラ紹介どうぞ
千島哉人:続投かそっかー!
エルミル@つばき:そうだよがんばってー
千島哉人:えーと名前は千島哉人。情報工学?を学ぶ大学生です。過去に両親をロアテラの手先に殺されてます。あと後輩に囲われてる。
https://character-sheets.appspot.com/stellar/edit.html?key=ahVzfmNoYXJhY3Rlci1zaGVldHMtbXByFwsSDUNoYXJhY3RlckRhdGEYwKDouAEM
エルミル@つばき:囲われてるw
桐ヶ崎蘇芳:囲ってます
エルミル@つばき:💐千島哉人にブーケを渡しました💐(ブーケ:0->1)
竹下:💐千島哉人にブーケを渡しました💐(ブーケ:1->2)
千島哉人:後輩くんの方が設定もりもりだから先輩はこれといったあれではない
千島哉人:世界平和を願っちゃうタイプの善人だよ
千島哉人:具体的には人助けをするためのロボとか開発してる。生活力はないのでたまに研究所で死んでるメシマズ。あと感覚型&お人好し
エルミル@つばき:後輩君のキャラが濃いんだよなこのペア…
桐ヶ崎蘇芳:え、これはこのまま設定もりもりの後輩が話すべきかな?
桐ヶ崎蘇芳:きりがさきすおう です
桐ヶ崎蘇芳:財閥の御曹司です お金持ち
桐ヶ崎蘇芳:えっと昔はわりと普通に善人な少年でした
桐ヶ崎蘇芳:ただ小学5年生の時かな? 不登校児を元気づけて登校できるように支援していたところ
桐ヶ崎蘇芳:その子がようやく学校にいけるようになって「また明日学校でね!」と別れた直後に
桐ヶ崎蘇芳:交通事故で亡くなりました 目の前で
桐ヶ崎蘇芳:それ以来友人とか、大事にしたい人に対して過保護がすぎるようになってしまい、元からいた友人は気味悪がって離れ、逆にそれを利用しようとするやからが集まってくるようになりまして
桐ヶ崎蘇芳:結果これが正しいと思いながらもどこか精神を病みながら高等部に進学、先輩と出会うことでちょっとずつ元の「誰かの笑顔」のために動いていた自分を思い出し、先輩とペアになりました
エルミル@つばき:💐千島哉人にブーケを渡しました💐(ブーケ:2->3)
竹下:💐千島哉人にブーケを渡しました💐(ブーケ:3->4)
桐ヶ崎蘇芳:でも過保護なのはなのってないから今は先輩を実家が所有する高級マンションに囲い、毎日家の車で大学への送り迎えをし
桐ヶ崎蘇芳:現在高校三年生、進路は先輩と同じ学部、同じ研究室 もうすぐ車の免許も取る予定
桐ヶ崎蘇芳:以上
エルミル@つばき:マジでへばりついとるw
桐ヶ崎蘇芳:設定がなげぇ!
桐ヶ崎蘇芳:というわけで先輩、表の選択とダイスをお願いします
千島哉人:ダイス合計:3 (1D6 = [3])
桐ヶ崎蘇芳:寂しい夕暮れの横たわる
千島哉人:学園にするか場所
千島哉人:後輩どこだっけ
桐ヶ崎蘇芳:アージェティア
千島哉人:フィロソフィアでいいかな
桐ヶ崎蘇芳:はいどうぞ
千島哉人:ダイス合計:3 (1D6 = [3])
千島哉人:書庫
千島哉人:それっぽおい
桐ヶ崎蘇芳:ドローンです先輩
桐ヶ崎蘇芳:空から振ってくるドローンです
桐ヶ崎蘇芳:書庫は4です
千島哉人:ドローン!?www
桐ヶ崎蘇芳:とりあえず怪我する覚悟はできた
桐ヶ崎蘇芳:迎えに来たら先輩の頭上にドローンとかいきなりSANがりがりに削れるんですけど
千島哉人:1d66
DiceBot : (1D66) → 46
桐ヶ崎蘇芳:話題?
千島哉人:話題
桐ヶ崎蘇芳:ねえあの子誰 この前パートナーと一緒にいた子。あの子誰?だーれー!?むー!
桐ヶ崎蘇芳:神がかった引きしてんなお前
千島哉人:www
千島哉人:お題いく?www
桐ヶ崎蘇芳:何個?
桐ヶ崎蘇芳:これ問い詰めるの私かなぁ
千島哉人:一、二個でいい気がするなあ既にカオスだし
千島哉人:1d66
DiceBot : (1D66) → 26
桐ヶ崎蘇芳:青空
桐ヶ崎蘇芳:お題他どうするの?
千島哉人:あと1個やりたい
千島哉人:どうせ加点方式だし
桐ヶ崎蘇芳:どうぞ
千島哉人:1d66
DiceBot : (1D66) → 62
桐ヶ崎蘇芳:ばかかよ
千島哉人:ねえデート引いた
エルミル@つばき:くそわろw
桐ヶ崎蘇芳:26,62ってなんだよ
桐ヶ崎蘇芳:えーっと
竹下:デートw
エルミル@つばき:これはひでwww
千島哉人:こんなん笑うわ
エルミル@つばき:ほんとひでえww
桐ヶ崎蘇芳:寂しい夕暮れの横たわる 空から振ってくるドローン ねえあの子誰
桐ヶ崎蘇芳:怪文書かな
桐ヶ崎蘇芳:お題 青空 デート
エルミル@つばき:やっべえすでにカオス
エルミル@つばき:💐千島哉人にブーケを渡しました💐(ブーケ:4->5)
桐ヶ崎蘇芳:よし、よし、やるぞ
千島哉人:もうこの時点でよ
桐ヶ崎蘇芳:先輩むかえにいったらとりあえず頭上ドローンでいいかな
千島哉人:じゃあ書庫にいますねとりあえず。資料とかさがします
桐ヶ崎蘇芳:書庫じゃねえっておちついて
エルミル@つばき:頭上ドローンの破壊力
桐ヶ崎蘇芳:ドローンだから多分中庭、的なとこかな
千島哉人:あっそうだわ(錯乱)
桐ヶ崎蘇芳:留年鐘とか頭上ドローンとかどうなってんだこの大学
千島哉人:中庭で何してんだ俺〜〜
桐ヶ崎蘇芳:多分帰るとこだったんじゃない?


桐ヶ崎蘇芳:「先輩!!」って叫んでそのまま体で包み込みます
桐ヶ崎蘇芳:基本的に後輩のが体はでかい

エルミル@つばき:💐千島哉人にブーケを3束渡しました💐(ブーケ:5->8)
竹下:💐千島哉人にブーケを渡しました💐(ブーケ:8->9)

桐ヶ崎蘇芳:多分抱え込んだ勢いもあるから背中あたりをかすめる感じで落ちるかな
千島哉人:帰ろうと思って中庭にでたらドローン&タックルという仕打ち

千島哉人:「!?な、なんだあれ……ドローン?研究所のやつが飛ばしてたのかな」
桐ヶ崎蘇芳:「……怪我ないっすか、先輩」
千島哉人:「大丈夫大丈夫、お陰様でかすり傷一つねえよ」草はたいて立ち上がる

桐ヶ崎蘇芳:……誰かドローンの持ち主NPCやってください
エルミル@つばき:あ、ういっす

モブ:「す、すいませ~ん」
モブ:そこに慌てた様子の持ち主らしきモブが!
桐ヶ崎蘇芳:じゃあ苛立ちげにNPCに向かって「一体、どんな管理してんだよ!あぶねーだろうが!」って怒鳴るw
桐ヶ崎蘇芳:怒鳴られるためにでてきたドローンの持ち主
桐ヶ崎蘇芳:しょうがないね
モブ:「ひええええすいません!すいません!」モブびっくりして平謝りする
モブ:「操縦ミスをしてしまったみたいで…以後気をつけますぅ…」
千島哉人:「まあまあ、悪気はなかったんだからさ」後輩を宥めます

モブ:💐千島哉人にブーケを渡しました💐(ブーケ:9->10)
竹下:💐千島哉人にブーケを渡しました💐(ブーケ:10->11)

桐ヶ崎蘇芳:「……自分たちの機材ぐらい、ちゃんと満足に扱えるようにしといてくださいよ」ってぶーたれる
モブ:「はいすいません…」モブはそう言ってうなだれる
モブ:こんなかんじでモブフェードアウトしてった方がいいかな?
桐ヶ崎蘇芳:せやねありがとう
桐ヶ崎蘇芳:「はあ、とりあえず帰りますよ、先輩」
桐ヶ崎蘇芳:とりあえず車移動してよろし?
千島哉人:うい
桐ヶ崎蘇芳:では車なう
桐ヶ崎蘇芳:「まったく、この大学っていつもあんな感じなんすか?」

エルミル@つばき:💐千島哉人にブーケを渡しました💐(ブーケ:11->12)

千島哉人:「まあ機械の研究やってるからなあ、でかい機械が誤作動起こしたらもっとひどい感じだよ」
千島哉人:にがわらい

竹下:💐千島哉人にブーケを渡しました💐(ブーケ:12->13)
エルミル@つばき:💐千島哉人にブーケを渡しました💐(ブーケ:13->14)


桐ヶ崎蘇芳:「普通に危険じゃないすか。……本当に、大丈夫なんすよね?」
千島哉人:「大丈夫だって!お互い様だしな」
桐ヶ崎蘇芳:「……まあ、先輩がそういうなら」

エルミル@つばき:💐千島哉人にブーケを渡しました💐(ブーケ:14->15)
竹下:💐千島哉人にブーケを渡しました💐(ブーケ:15->16)

桐ヶ崎蘇芳:「ところで先輩、今週の土日はどうする予定っすか?」
千島哉人:「んー、とくに予定ないから研究所に籠っとくつもりだったけど…なんかあんのか?」
桐ヶ崎蘇芳:「いえ、別に。どこか出かけるなら一応把握しとこうかと思っただけっす」

竹下:💐千島哉人にブーケを渡しました💐(ブーケ:16->17)
エルミル@つばき:💐千島哉人にブーケを渡しました💐(ブーケ:17->18)


千島哉人:「そっか。あ、蘇芳は土日予定あんの?」
桐ヶ崎蘇芳:「受験勉強っす。一応俺受験生なんで」
桐ヶ崎蘇芳:「……先輩ずっと研究室行ってますけどなんかほかないんすか。デートの予定とか」
千島哉人:「今んとこはなー、研究漬けで忙しくて……そうだ、蘇芳高校卒業したらうち来るんならさ、土日の片方だけでも研究室に見学に来ねえ?」
桐ヶ崎蘇芳:「行きます」即答

エルミル@つばき:💐千島哉人にブーケを3束渡しました💐(ブーケ:18->21)
竹下:💐千島哉人にブーケを渡しました💐(ブーケ:21->22)

千島哉人: 「じゃあ決まりだな!」
千島哉人:「そう言えば蘇芳は」
千島哉人:「デートとかしねえの?高校の時から恋バナとかあんま聞いた事なかったよな」
桐ヶ崎蘇芳:「考えたことないっす」

千島哉人:高校の頃の後輩の暮らしぶりはどんなもんだったんだろうか
桐ヶ崎蘇芳:先輩には先輩にひっついて回る姿しか見せてないと思う
千島哉人:にはっていうな
桐ヶ崎蘇芳:先輩が後輩を視界にいれる=後輩も先輩を視界にいれれる=先輩の世話焼きにいく
桐ヶ崎蘇芳:後輩の先輩センサーなめてはいけない


千島哉人:「勿体ねえの。お前頭いいしいい奴なのに。人の事言えねえけど」
桐ヶ崎蘇芳:「先輩こそこの間の……」
桐ヶ崎蘇芳:「ポニーテールの女の人、そういう仲じゃないんすか?」

エルミル@つばき:💐千島哉人にブーケを3束渡しました💐(ブーケ:24->27)

千島哉人:「えっ!?えー、いや、その人は大学の先輩でそういうのではないっていうか、ってかなんでそんなこと知ってんの?」
千島哉人:先輩は恋愛話に免疫がない

エルミル@つばき:💐千島哉人にブーケを渡しました💐(ブーケ:27->28)
竹下:💐千島哉人にブーケを渡しました💐(ブーケ:28->29)

桐ヶ崎蘇芳:「前にちらっと外から見えたんすよ。結構仲よさそうでしたけど」

エルミル@つばき:ほんとにちらっとかお前
桐ヶ崎蘇芳:外から(建物の外から3階の窓の中が見えた)ぐらいのイメージ
エルミル@つばき:視力ww
桐ヶ崎蘇芳:いったろう 先輩センサーをなめるなと

千島哉人:「まあ色々教えて貰ってるしなあ。でもほんとにそんなことないんだって、研究の話しかしてねえし」
桐ヶ崎蘇芳:「…………まあ、それならそれで別にいいっすけど」
桐ヶ崎蘇芳:間を長めに取るスタイル

エルミル@つばき:💐千島哉人にブーケを渡しました💐(ブーケ:29->30)
竹下:💐千島哉人にブーケを渡しました💐(ブーケ:30->31)

千島哉人:「そういやさ、蘇芳は大学に入ったら何するつもりなんだ?」
桐ヶ崎蘇芳:「先輩の手伝いです」

エルミル@つばき:💐千島哉人にブーケを渡しました💐(ブーケ:31->32)

千島哉人:「いや、1年目とかはそれでいいかもしれないけどさ!どうせ4年目には俺居なくなるわけだし、自分でやってみたい事とかねえの?作りたいものとかさ」
桐ヶ崎蘇芳:「どうせ将来は家継ぐことになってますし。やりたいことは大学以外でもやれるんで」
桐ヶ崎蘇芳:「とりあえず今一番優先することは、お人好しで抜けてるところがあって生活能力0の先輩をサポートすることっす」

竹下:💐千島哉人にブーケを渡しました💐(ブーケ:32->33)

千島哉人:「いやーそれほどでも」てれる

桐ヶ崎蘇芳:「ほめてないっすよ。いうと思いましたけど」

竹下:💐千島哉人にブーケを渡しました💐(ブーケ:33->34)
エルミル@つばき:💐千島哉人にブーケを渡しました💐(ブーケ:34->35)

桐ヶ崎蘇芳:「……土日、晴れるといいっすね」
千島哉人: 「まあ研究室だからずっと室内だけどな!んでも、やっぱ晴れてると気分いいよ、完徹した時とか達成感あるし」

竹下:💐千島哉人にブーケを渡しました💐(ブーケ:35->36)

桐ヶ崎蘇芳:「先輩雨ふると頭膨らむっすからね。やっぱり、青空のほうが先輩には似合ってるっすよ」

エルミル@つばき:💐千島哉人にブーケを3束渡しました💐(ブーケ:36->39)
竹下:💐千島哉人にブーケを渡しました💐(ブーケ:39->40)

千島哉人:「そうだよなー、今日暇だし久々にてるてる坊主でも作ろっかな」
桐ヶ崎蘇芳:「じゃあ俺も手伝いますよ。どうせ先輩、そのまま夢中になって晩飯忘れるんだから」

竹下:💐千島哉人にブーケを渡しました💐(ブーケ:40->41)
エルミル@つばき:💐千島哉人にブーケを渡しました💐(ブーケ:41->42)

桐ヶ崎蘇芳:みたいな話しながらフェードアウト! 大学からマンションまで遠いな!

エルミル@つばき:ういおつかれさまです!
千島哉人:それな!おつかれ!
桐ヶ崎蘇芳:えっと青空とデート回収やな
竹下:💐千島哉人にブーケを渡しました💐(ブーケ:42->43)
桐ヶ崎蘇芳:💐千島哉人にブーケを2束渡しました💐(ブーケ:43->45)
エルミル@つばき:後輩の世話焼きだんだん癖になってきてかわいくみえてきた
桐ヶ崎蘇芳:やったぜ



スポンサーサイト

キャラカクテル体験記

日常記録

キャラカクテルを出してくれるお店、「BARBlueWood」に行ってきました。
とりあえず記憶を忘却してしまわないように画像付きで記録を残そうとした結果ブログになったんですが、いつもと違って版権のBL話題もあるので注意してください。
ひっさびさのブログ更新がこれというのはどうなんだ。


1杯目「グランブルー・ファンタジー」 ランフェザ

DSC_0349.jpg


淡いピンクと黄色がめちゃくちゃ綺麗。かわいい。
ずっとかわいいって言っていた気がする。かわいい。
この写真だとわかりにくいけどグラスが二重になっているので持ったときに直接温度が伝わらない=わかりにくい内面の表現と言われていろいろ爆発した。
右側のボトルがランドルのイメージでさっぱりしたマスカットのお酒。
プロフィールの苦手欄にフェザーって書くわりに自分からがっつり探し回ってる、ということを書いたので束縛感のある蔦植物のマスカットのお酒を使ったと言われていた。しんだ。なんてこった最高だ。
左側がフェザーのイメージで杏の種を使ったお酒とのこと。
もともと杏のお酒は大好きだけどこれはそれ以上に甘い、杏仁豆腐みたいな香りがすごくする。おいしい。
フェザーくんは杏仁豆腐。
イメージカラーとして二人の髪色を書いていたんだけどフェザーのとこに「輝く金髪」という謎の単語を書いてたんだけど、ちゃんとくみ取ってもらえてこんなに美しい黄色にしてもらえた。
すてき。
杏の甘いお酒なんだけどランドルがすっきりしたマスカットなのですっと飲める。ぐいぐい飲める。おいしい。
束縛感あるのにちゃんとフェザーの抑え役になってるのとてもランドルってかんじがする。好き。
フェザーのディサローノというお酒は愛のお酒ともいうらしくとても、とてもいい。
基本的にフェザーを求めてるのはランドルなんだけど、ランドルはいざって時に一歩引いちゃうんだけどフェザーくんはドストレートに愛を伝えてくれる感じ……。
すごい、すごい解釈通り……。理想のランフェザ……。

DSC_0351.jpg

ちなみに混ぜると色味的にはフェザーくんが勝つ。
だけどよく見れば、上のほう一筋だけ淡くピンクが残ってるのとても好き。
多分付き合いだした後の愛情表現の差ってこんな感じなんだと思う。良い。

DSC_0342.jpg

ちなみに実際のオーダーシートはこんな感じ。
字が汚えんだよ字が。


2杯目「独立都市リヴィラ」 ユリウス&ルシエラ

DSC_0355.jpg

1話書いたのはもう数年前なんだけど未だに2話が更新されないうちの連載作品の双子をイメージしてもらったもの。
青がすごい涼しげで綺麗なのこれ。めちゃくちゃ綺麗なの。最高。
でもこれ混ぜずに1口飲むとめちゃくちゃ辛くてめちゃくちゃ強いお酒でびっくりする。
ひえってなる。
これは写真右のグラスにちょっと隠れてるけど瓶に林檎がどぼんと入っているお酒の味らしい。
アルコール40%とかボトルに書いてあった。こわ。
これはどちらかというとユリウスのイメージらしく、瓶の中の林檎=ルシエラを必死に守ろうとしている姿、ということらしい。
強い。兄のガードめっさ強い。びっくりした。
ちなみにこの双子は物語の序盤、1話開始直前ぐらいのイメージなので、世界が敵だと思っている、お互いしか見えてない頃の二人です。
そういう閉じた世界にいる、という表現も含めてこの瓶から取り出すことのできない林檎のお酒を選んでくれたそうだ。
すてきすぎない。
でもめちゃくちゃ強い。
ルシエラのほうは青リンゴのモナンで、臆病でまだ幼いルシエラのイメージで、林檎合わせになるように選んでいただいた。
この頃のユリウスはルシエラが幼いままでいれるように頑張っているところなのでこれは、これはほんとうれしい。
双子に林檎のイメージは今までなかったのだけどこれからちょくちょくモチーフとして使うかもしれない……。
かわいい……林檎……林檎双子……。

000_201811192300052df.jpg

混ぜるとこんな感じで綺麗な水色になる。
こうしてしまうとそこまで甘みが強くなって、アルコールもそこまで強いと感じなくなるのでとっても飲みやすい。
二人合わさってこその味、と思うととても、とてもエモい。
リヴィラの導入は、子供が街に迷い込むというのが前提で、最初は少女か少年、どちらか一人にしようと考えてたのですが、どっちでもやりたいエピソードあるなぁどっちしようかなぁと悩んで決まらなかったという経緯があります。
結局どっちも選べないから男女の双子になった、という作劇の都合でこの双子は生まれました。
いやでもこれ飲んではっきりした。
双子にしてよかった……。
おそらく、ルシエラだけなら甘すぎてきっとたどり着く前にのたれ死んでたと思うし、ユリウスもここまで攻撃的なら多分街にうまくなじむことができなくてもっとすさんだ生き方になっていた気がする。
この二人は二人だから生きていけてたんだろうし、二人揃ってたからまだぎりぎり全うな子供でいられたのだろうなと。
最高かよ……。
あ、ちなみに写真に写ってるイラストはイメージを伝えるために即興でその日に描いてたものです。
目を塗った段階で「飽きた」とかぬかした私をみかねて山田(@yamada_asari)が塗ってくれました。
でも実際はオーダーの時にタブレットの充電が切れてて(その後充電してたのでカクテル完成時には間に合った)結局ブログに載せてた過去の年賀状絵を使うことになったという。
ほんっとに申し訳ねえ……。


DSC_0352.jpg

こちらが双子のオーダーシート。
余談だけど自分も同行した山田も猛然とした勢いでシート書き上げてたのが最高におもしろかったです。
ちなみにランフェザは多少下書きをしていったのだけどこっちは間に合わなかったのでその場でいろいろ考えました。
うん、だからな、漢字のど忘れ書き直しがすごーい多い。




というわけでキャラカクテル体験記でした。
自分の解釈を、自分では想像もできない方法で形にしてもらい、それを飲むことができるというのはなかなか楽しかった……。
しかもおいしい。お酒おいしい。
一応行ってみたいという人のために注意点というかこれおさえとくといいよってことは、とにかく公式のプロフィールやエピソードではなく自分の解釈のみを抽出して書くことだと思う。
公式厨の自分は簀巻きにしよう。
あとはちゃんとイメージカラーをぴしっと決めておくといいとおもう。
画像を見せるときは物理に出力してもっていたほうが事故が少ない……。
ポストカードぐらいのサイズのものが一番ちょうどいいと思う。


ここからは完全に自分語りなんだけど、今回の体験でキャラカクテルだけでなくカクテルについての興味が俄然増した。
自分は炭酸飲めない(ビール、チューハイが全滅)、辛めのお酒は苦手(焼酎とかの強めのお酒が全滅)、ワインの苦みも得意ではない。
けど、アルコールには強く基本的に酔わない。
今回2杯のキャラカクテルのほかにカシスオレンジも飲んでたんだけど顔がほてることもなかったので……。
お酒の味もお酒を飲むという行為も好きだけどどうしても割高なジュース、みたいな感覚が強かったのが今回で完全に覆った。
もっとカクテル飲みたい……。
多分しばらくしたら家に酒瓶が増えたりとかする。きっとする。
でもうちはお酒飲めるの自分ぐらいだしキッチンにそこまでのスペースもないんだよなぁ……。
実家に置かせてもらうのが一番いいけど、車で行くので飲むと帰れなくなってしまう。
どうにか家でカクテルを楽しめるようになるか、行きやすいバーとかないかなぁ。

とにかくとても楽しい瞬間でした。
創作意欲がもりもり出てくるからこれから頑張って書いていきます。
ありがとうございました。

2016年読書まとめ

読書記録


ドン引きするレベルで読んでない……。


2016年の読書メーター読んだ本の数:10読んだページ数:2789ナイス数:24Fate/ApocryphaFate/Apocrypha感想FGOでジャックをエースとして使う以上読まねばと思い購入。赤のセイバー陣営がツボだよツボ……。読了日:04月17日 著者:
ABC! 曙第二中学校放送部ABC! 曙第二中学校放送部読了日:07月30日 著者:市川 朔久子
残穢残穢読了日:10月22日 著者:小野 不由美
紅霞後宮物語 第三幕 (富士見L文庫)紅霞後宮物語 第三幕 (富士見L文庫)読了日:10月22日 著者:雪村花菜
紅霞後宮物語 第四幕 (富士見L文庫)紅霞後宮物語 第四幕 (富士見L文庫)読了日:10月22日 著者:雪村花菜
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (電撃文庫)ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (電撃文庫)読了日:12月19日 著者:宇野朴人
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (2) (電撃文庫)ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (2) (電撃文庫)読了日:12月19日 著者:宇野朴人
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (3) (電撃文庫)ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (3) (電撃文庫)読了日:12月19日 著者:宇野朴人
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (4) (電撃文庫)ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (4) (電撃文庫)読了日:12月19日 著者:宇野朴人
読書メーター

2017年  新年のご挨拶

日常記録


どうも、あけましておめでとうございます。
去年1年はいろいろと思うところがあり、活動を停止していましたが、今年はばりばりやれればと考えています。
作品作りは当然として、マイクラでも地味に来てくださっている方がいらっしゃるので新しく何かできないかとは思っています。

とりあえず今後の活動の目安として、5月の関西コミティアへ出る準備をする予定です。
自分なりに、頑張ってみようかと思います。


というわけで今年の年賀状はルシエラ!
早くこんな表情ができる彼女のストーリーを書きたいなぁ……って。

064.jpg

ポケモンやりつつ復帰ご報告。

日常記録


お久しぶりです。星影です。
長らくブログの更新を停止してきましたが、そろそろ創作活動をする余裕もできてきたので活動を再開しようと考えています。

とりあえずやりたいことはたくさんあるのですが、キリよく来年1月から順次投稿していきればなぁぐらいに思ってます。
目標としては毎日更新ですが、すぐにへばりそうなのでやめておきます。
週1とか週2ぐらいで……はい。

マイクラとかも、まだたまに見に来てくださっている方がいるようなので、また思いついた時にでもやろうかとは思ってます。
前のデータがちょっと行方不明なのでまた最初からですね。



大体報告としては以上です。
これからも末永くよろしくお願いします。

PS.
.ポケモンはサンをプレイしつつ、なんとかしてナマコブシを実戦投入できないか考えてます。
バトル、苦手ですけども。

Menu

最新コメント

最新トラックバック

最新記事

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。