FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2013 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 08

【  2013年07月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

PageTop▲

Ep003「猫の探し物」

物語の種

2013.07.20 (Sat)

 ねぇいつまでそうしているの?僕は彼に問いかける。彼は一心不乱に顔と前足を動かして、僕に返事一つよこさない。その様子の彼を見て、僕はその場に座ってため息をつく。もうあれからずいぶんと経っているが、いっこうに彼はここを動こうとしなかった。がさがさ。がさがさ。静かな昼間に、彼の音だけが響く。彼がなにを必死に探しているのか、僕は知らなかった。知る必要は、ないと思った。太陽の日に当てられながら、僕はずっと...

PageTop▲

Ep002「夜の子供」

物語の種

2013.07.02 (Tue)

「王様ー王様ー」「またお前か」 とある一国の王城、その最奥たる王の私室には毎夜一人の子供が迷い込むという。 年の頃はまだ十に届くか否か。 目鼻立ちは整っているが、傷や泥が多く美しい銀色を放つはずの髪はいつも薄汚れていた。 本来ならば、国の主たる王と謁見など夢のまた夢。 いや、夢に見ることもないだろう。 王の身姿も、その暮らしも彼にとっては想像もできない領域であるに違いなかった。 では、なぜそのよう...

PageTop▲

Ep001「花の少女」

物語の種

2013.07.01 (Mon)

 広がる草原に点在する、色と色と色。その多種多様さに私は目を見張った。 今まで見た花畑は、同じ種類の花を同じ区画に揃えて植えるものばかりで、こんな風に無秩序に咲いている花を見るのは生まれて初めてだ。 ほのかに鼻孔をくすぐる、土と草の香り。肌を覆い隠すような服と日傘で遮っても、太陽の光が身に刺さる。都会暮らしの長い友人は、不快だとさえ言っていたが、初めての私にとってはどれもうれしいものだった。「あっ...

PageTop▲

2013年6月読書まとめ

読書記録

2013.07.01 (Mon)

2013年6月の読書メーター読んだ本の数:10冊読んだページ数:3136ページナイス数:13ナイス神曲奏界ポリフォニカ スパイラル・ホワイト 神曲奏界ポリフォニカシリーズ (GA文庫)読了日:6月3日 著者:高殿 円神曲奏界ポリフォニカ ストラグル・クリムゾン (GA文庫)読了日:6月4日 著者:榊 一郎サモンナイトU:X 界境の異邦人 (JUMP j BOOKS)の感想分厚い一冊の本にするとか、せめて連続刊行にするとかできなかったもんだろうか……。...

PageTop▲

物語の種概要

物語の種

2013.07.01 (Mon)

この項目では10分間ストーリーよりさらに短い掌編作品を載せていきます。できるだけ毎日更新を心がける予定。基本的にそれぞれ独立していますが、ほか作品の番外編を書くこともあるかも。その場合はトップに作品へのURLを記載します。ちょっとした習作まとめ。...

PageTop▲

前月     2013年07月       翌月

Menu

最新コメント

最新トラックバック

最新記事

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。